水の旅

header a water journey

水は命を繋ぐものとバリ島では考えられています。聖なる水と、有名な儀式を伴い行われるスバックの灌漑システムに、バリの日常生活の中での水の役割を見ることができます。島全体の水の貯水池として機能する中央高地の4つの見事なクレーター湖に恵まれ、バリは歴史的に常にきれいな水の豊富を持っています。観光と現代の生活の厳しさの見事な調和。この貴重な水資源はしかしながら、ゆっくりと近代化の中で維持の困難な場面が出てきています。

高地の山から海へと流れる水の物語を、ファイヴエレメンツの提供する癒しの旅としてご体験ください。一日の旅程はムンドゥク村から始まります。タンブリンガン湖のほとりに位置し、コーヒー豆栽培で知られるこの村がスタート地点です。夕日の落ちる前に、貴方はこの地で祈りを捧げます。翌朝、ガイドと共に滝の流れる音に耳を澄ましながら、森林の中をトレッキングします。途中、聖なる泉や隠れたる名滝を訪れ、そして水のマイクロ・ハイドロ・プラントにたどり着きます。

もう一日、楽しみたい貴方は宿泊を延長することも可能です。一日の予定は、貴方次第です。

この癒しの旅の期間: 1泊2日+

* この旅は3-4時間の登山を含みます。万全の体調であることが要求されます。
* 癒しの旅の収益の10%は、バリ島伝統の村や寺院の保護と伝統継承のための社会的活動に寄付されます。

  • IMG_7331
  • IMG_7343
  • IMG_7371
  • IMG_7630
  • cascate1
  • cascate2
  • cascate4

Make a Reservation: